痩せてガリガリ、まな板状態の貧乳で乳首も陥没していたが…出産して満足な乳首になり綺麗な形を維持している体験談。

おっぱいのお悩み体験談・貧乳、デカパイ、陥没乳首、乙女の悩みは尽きません。

痩せてガリガリ、まな板状態の貧乳で乳首も陥没していたが…出産して満足な乳首になり綺麗な形を維持している体験談。

自分がおっぱいに対して悩みというのか、他の子と比べてどうなんだろう?と思い始めたのは高校生に上がったくらいからです。もともと痩せてガリガリだったので、中学生の時はノーブラで日々過ごしていたし、全く違和感もなかったのですが、さすがに高校生になって、周りの女子たちが可愛らしい下着を身に着けていたり、ブラを着用している姿を体育の時間の着替えで知った時、あまり必要性を感じなくてもつけないとまずいかも・・・と感じるようになりました。ちらちらと周りの子たちの様子をうかがいながら、ムネばかり見てしまう自分が本当に嫌でした。

中には彼氏ができ始めたりしている子たちもいて、話はそっちの話題にもなる中、自分の貧乳具合がとても気になりました。性格的には極々普通のタイプでしたが、積極的に手を挙げるようなタイプではなかったので、比較的おとなしいと思われていたかもしれません。でも仲の良い友達はそれなりに居ましたし、それなりに楽しい学校生活は送っていたと思います。周りのお友達も似たようなタイプの子が多かったですが、ムネの大きさは色々でしたね。

自分のおっぱいへのコンプレックスは、まず貧乳ということ。痩せてガリガリで生理が来たのも人より遅かったのもあり、今思えばしょうがないというか致し方ないのかもしれません。でも、当時は痩せた体型にムネがまな板状態なのがとても気になっていました。それに加え、乳首がまっさらというのか、ちょっと寒かったりして乳首が反応したとしても、陥没してるような平たんというのか・・・形的にどうなんだろう・・・と感じていました。

サイズは完全にAAクラスだったんじゃないかと思います。見栄を張ってブラもしていましたが、Aカップのモノなのにカバカバしていたように思います。しかも大して娘の下着など興味もない親だったため、自分で安い下着を売っているようなお店で買ってきてつけていたので、サイズもあっていなかったのでしょう。周りの友人たちはふくよかな子たちが多かったせいか、羨ましすぎるほど成長したおっぱいをしていました。(今でも充分羨ましいくらいです・・・)中には巨乳張りなくらいに大きい子とかも。目のやり場に困りますね。

私のおっぱいに対する悩みは、とにかく小さい。まるで小学生の子がちょっと発育してきた程度くらいにしか膨らんでいなくて、見栄え的にまな板という感じ。細かったからしょうがないのかもしれませんが、胸板が薄い!という感じ。男の子のような体系がコンプレックスでした。女性らしさがなく、骨ばってる感じ。乳首もムネがないから未発達のような感じでぜんぜん乳首という主張がないので、まっさら状態。
本当に幼児という感じなのが恥ずかしかったです。

当時、いろんな雑誌で高校生くらいをターゲットにしたものなどでは、彼氏との・・・という感じのものがあって、ムネをマッサージすると大きくなるとか、少しでも大きくなる体操・・・みたいなものがあって、必死になってマネしてやってみたことがあります。胸の前で両手を合わせて力を入れると良い。。。とあったので、お風呂入っている時とか、上がった後、寝る前など気が付いたときにやっていたように感じます。あと、バストケアとして、マッサージの仕方・・・みたいなことも書かれてあって、本当はそれ用のクリームを使用するのでしょうが、高校生のお小遣いでは到底変えず、日々使っていたニベアクリームでマッサージとか気が向いたときにしていました。

そして、大人になって、何とかBカップまでに成長。でも、決してそれらをやったからというわけでもなく、年齢が上がるにつれて、お肉もついてきて、決してガリガリではなくなったことだと思います。やはり、体系に見合った程度のおっぱいの大きさになるんだろうなぁ。と実感しています。実際、生理が来たのも高校2年生の冬だったので、自分のおっぱいの大きさのコンプレックスは20を迎える頃にはあまり気にならなくなりました。身体も未発達だったのでしょうね。

乳首の形は相変わらずあまり変わりはしませんでしたが、子供を出産して母乳育児をしたため、今では乳首の形には満足しているというか、それなりの形になったので良かったと思いました。(乳首が無かった分、母乳育児はものすごく大変でした)
また、今でも決して大きくはないおっぱいですが、46歳になった現在も垂れるということもなく、比較的キレイな形を維持できています。