形がいびつなおっぱいから膿が出て、黒い乳首の周りに毛が生えた…矯正下着や化粧品、食事でバストケアした体験談。

おっぱいのお悩み体験談・貧乳、デカパイ、陥没乳首、乙女の悩みは尽きません。

形がいびつなおっぱいから膿が出て、黒い乳首の周りに毛が生えた…矯正下着や化粧品、食事でバストケアした体験談。

おっぱいに悩みを感じるようになったのは15歳、中学3年生の頃からでした。クラスの中で目立たなく、本を読んだり一人で過ごすのが好きな学生でした。友人は明るくて元気でパワフルな人が多かった記憶があります。

自分のおっぱいの特徴は、大きさもサイズも小さいのに形がいびつで、乳首が黒っぽくて、変な方向であり、全体的におかしな形でした。15歳くらいになると本格的なワイヤー入りのブラジャーをしていた友人も多かったですが、ワイヤーが嫌いだったのでスポーツブラジャーやワイヤーが無いブラジャーばかり着用していました。友人のおっぱいはツンと上を向いていて、形が良かった印象が強いです。また、大きさは自分と同じくらいなのにハリがあるバストで、羨ましかったのを覚えています。

おっぱいに対するコンプレックスは、乳首が黒かったことと乳首の周りに毛が生えてしまっていたことでした。健康診断の心電図の検査の際に上半身裸になってベッドに寝ていて、検査が終わって起き上がった際に隣にいた女子におっぱいを見られてしまい、教室に戻ったら「○○さんのおっぱい見ちゃった」「意外と小さかったよ」「なんかグロかった」というヒソヒソ話が聞こえてしまい、見えてしまったのならそっとして欲しかったなという気持ちで悲しくなりました。

自分はぽっちゃり体型だったので、その見た目からおっぱいが大きそうというイメージをもたれていましたが、実際には小さいので、修学旅行の入浴時に「意外と小さいだね」と言われたことも地味にショックでした。

プールで着替えている際に、友人や周りの人のおっぱいが少し見えてしまうシチュエーションがあり、おっぱいが可愛いと思ってしまったり、形が良いなとか、こんなおっぱいだったらなぁって思うこともありました。おっぱいがかぶれて、乳首から汁みたいなのが出てしまうことも時々あって、乳首が擦れて痛かったりする悩みもあって、かぶれてしまうとおっぱいの見た目も悪くなり、汚いおっぱいが嫌いでした。

私のおっぱいは触ると硬いのですが、少し見えてしまった友人のおっぱいは柔らかそうな綺麗な印象でした。とにかく、友人や周りの人のおっぱいが羨ましいと思っていた頃でした。おっぱいのことを相談できる相手もおらず、なんでこんな黒くて硬くて変なおっぱいなんだろうと悩んでいました。

おっぱいの悩みを解決するために工夫したり対策として取り入れたことは、矯正下着や化粧品、食事の3つです。矯正下着は友人から紹介してもらい、購入して付けていました。付けている時はおっぱいが上向きになって、大きく見えて、洋服を着てもバストのハリを感じられるようになりましたが、付けていない時は元のおっぱいに戻ってしまい、矯正下着自体も高価なものなので毎日付けられる真数を揃えるのも大変で、1枚、2枚が限度だったので毎日続けることができませんでした。それと、矯正下着も慣れてしまうと普通の下着と変わらなくなってしまい、良かったのは最初だけでした。

次に、バストに良いとされる豆乳を配合しているローションでボディーケアをしました。豆乳はイソフラボンを豊富に含んでいて、バストのハリを与えたりと良い働きをするというのを知って、普段のボディーケアにイソフラボンでケアすることにしました。正直、目ではっきりとバストのハリに変化があったとは感じられませんでしたが、肌は綺麗になりました。これまで、乳首やバストのかゆみやかぶれに悩まされていたのが、保湿効果があるのかバストのかぶれやかゆみはグンと減りました。

食事も化粧品同様、イソフラボンを摂取できるように毎日豆乳や豆腐、きな粉などを摂るように意識しました。こちらもバストが大きくなったという効果は見えませんでしたが、かゆみやかぶれを改善できたり、バストがカサカサしていたのが潤いを感じるようになりました。

矯正下着はバストを大きく見せたり上向きに見せてくれる効果はありましたが毎日着用しないと意味が無いことが分かりました。バストに良いとされる豆乳に含まれているイソフラボンはバストを大きくしたりなどの効果は薄いですが、バストの肌を綺麗にする効果を感じることができました。矯正下着よりも、自分に合った下着を選んだ方が負担も少なく、バストの擦れも無いし、バストアップできるパットなどもついているものも多いので普通のブラジャーで十分かもと思えました。

自分のおっぱいの悩みは今考えると小さな悩みだなと思えることも多いです。それは小さいおっぱいだとコンパクトに見えることだったり、小さいおっぱいだと可愛い下着を選べたりと選択肢が広がるからです。バストが大きい友人からは、可愛い下着が無くていつも同じものになるからつまらないから、小さい方が良いよって言われて気付きました。確かに、どのデザインでも私のバストサイズは必ずあるので下着を選ぶ楽しさを感じるようになりました。矯正下着ではないとバストを変えることはできないと思い込んでいましたが、矯正下着でも毎日付けていないと意味がなく、自分のバストサイズを確認し、それに合ったブラジャーをつけることがバストにとって良いことも分かりました。サイズに合ったブラジャーをすることで乳首の擦れも少なくなって、色素沈着が減ったのを感じました。

大きい人も大きいなりの悩みが、小さい人は小さいなりの悩みがありそれぞれに悩みがあると思ったら、自分のバストの悩みなんてちっぽけなものだと感じるようになってから、深く悩まなくなりました。