小さいうえ谷間がなく離れたおっぱい…質の良いブラジャーは付け心地が違うと知った体験談。

おっぱいのお悩み体験談・貧乳、デカパイ、陥没乳首、乙女の悩みは尽きません。

小さいうえ谷間がなく離れたおっぱい…質の良いブラジャーは付け心地が違うと知った体験談。

おっぱいについて悩みだしたのは高校1年生16歳の頃できっかけは巨乳好きの彼氏ができたことした。会えば残念そうに胸が小さいと不満をこぼしてきていたのでとても辛く悲しかったです。胸が膨らみ始めた小学生時代、私もきっと高校生になるころには胸が自然に大きくなってかわいいブラジャーをつける日が来るのだと信じていました。でも現実は違いました。小ぶりなおっぱいなうえに離れ乳だったので谷間などそこには存在しなかったのです。

部活動の合宿で同級生の女の子とお風呂に入ったのですが、例のごとくおっぱいの大きさを比べっこが始まりました。みんなおっぱいが大きい子ばかりで圧倒的な大きさの違いを恥じ、私は隅っこで着替えをしていました。それでもどうにか、大きくできないかと思いインターネットで調べてみたところ、背中の肉を寄せてカップに詰めるという方法をみつけました。これだっと思い、さっそく実践したのですが私は決定的なことを忘れていたのです。そう、悲しきことに寄せるお肉が私の背中には存在しなかったのです。私は胃下垂なのかはわかりませんが食べても全く太らない体質なのです。この体質に対して周囲の友達は「うらやましい」というわけですが、私からしたら脂肪をつけたくても「太れない」のです。ひとまずこの作戦は却下ということでさらにインターネットで解決方法を独自調査しました。

次に仕入れた情報は<ちゃんと下着専門店で測ってもらったら実はおっぱいが大きかった説>です。とある質問サイトを徘徊していた時に見つけた書き込みによるとBカップのブラジャーをつけていたけれどお店でちゃんと測ってもらったら実はDカップだった、というものです。しかも調べるとこの書き込み以外にも似た内容の書き込みを複数見つけることができました。私はおっぱいが小さいのがコンプレックスだったので過去に大きさを測ってもらったことがなく、自分でブラジャーのサイズをセレクトしていました。も、もしやこういうパターンが自分にもあるのでは?と思うと、いてもたってもいられなくなり友達を無理やり誘いさっそく下着販売店へ向かいました。結果は…私のわずかに抱いていた希望は儚く砕け散ったのです。逆転おっぱいならず、やっぱり私はただのちっぱいでした。そして友達はGカップ。切実に少し分けてほしいと思いました。

世の中にはサプリメントやマッサージ法など数多くありますが私はあまり信じていなくて、これらを実践したことはありません。今は結婚を考えている彼氏がいるのですが、彼は私の胸に対して何も言いません。ですが実は大きいおっぱいが好きなのではと思っています。でも、私の中ではもうだいぶあきらめがついていて生理前に少し大きくなる胸に小さな喜びを感じている日々です。

今までおっぱいのことで悩んできたわけですがその中で学んだこととしては、小さいおっぱいでも下着専門店で測定をしてもらい正しいサイズのブラジャーを着用することが大切だということです。いくら小さいとは言え、サイズの合っていないもの着用するとワイヤーが変に食い込んで痛くなったり、おっぱいの形が崩れてしまうからです。私はこれまでずっと安価な下着を着用してきたのですが、百貨店で某メーカーのバーゲンが行われた際に普段手が出しずらい高価な下着を購入しました。着用してみるとその付け心地に圧倒的な差を感じました。まるで自分のために作られたかと思ってしまいそうなぐらい体にフィットし、着用しただけでとても清々しい気持ちになりました。今後は少しずつ質の良いブラジャーの収集をしていこうと思っています。

小さいおっぱいなのはもうしょうがないので、せめて『美乳』を目指していこうと思います。