乳首が痒いうえ、上向きで綺麗な形だったおっぱいが母乳育児で垂れ下がり…現実の豊胸手術の痛さを聞いた体験談。

おっぱいのお悩み体験談・貧乳、デカパイ、陥没乳首、乙女の悩みは尽きません。

乳首が痒いうえ、上向きで綺麗な形だったおっぱいが母乳育児で垂れ下がり…現実の豊胸手術の痛さを聞いた体験談。

胸が大きくなり始めた中学生のころは、服をきていても風があたるだけでヒリヒリいたかったりしました。周りの女の子大きい子が多かった気がします。ジャージの上からもはっきりとわかるくらいで体育の時間で一番大きな胸の女の子は胸を押さえながら走ったり大変そうでした。それを見ていた男の子たちに冷やかされたり、笑われたり。その子は学校にこなくなってしまいました。胸が大きくなるのは自然なことでその子が悪いわけではないのにいつも胸を気にして毎日生活していたのを今はすごく可愛そうだったなあと思うのと少し大きな胸が羨ましいなあとも思います。

私は親も姉も胸が大きくないので家系的にあまり大きくならないのかな?なんて諦めていたらDカップくらいまで成長してくれて、この頃よく言われていたのはロケットおっぱいと言われていました。上向きでツーンとしていて形も綺麗でした。でもそこから段々と元々アトピーだったせいか、乳首が痒くなり我慢出来ずかいてしまい何度も血がでたりしていました。皮膚科に行っても先生は見てくれず、看護師さんがチラ見していつものアトピーの薬と一緒ねと、言われよくなりませんでした。それから仕方ないのほっといておくと、生理前だけ痒くなっなりと今も続いています。

結婚して子供を出産してからは産む前はロケットおっぱいと言われるくらい程よい大きさで上向きだった胸も母乳育児のおかげでスッカスカのたれぱんだのような胸になってしまいました。もちろんカップもワンカップくらいは下がってしまい張りなどはまったくなくなりました。2人目も母乳育児だったのですが、1人目の時とはそんなに大きさは変わらずでした。どうにかして、前のような胸に戻らないかなと努力もしました。ジムで胸の筋肉を鍛えてみたり、寝る時だけつければ胸が大きくなる下着を購入してみたりしましたがなんにも変わりませんでした。

1回のびてしまったスジは戻らないんだよと、周りに言われていましたが諦めきれずそれからも下着はいい下着をつけてみたり、やはり一番効果的だったのは揉まれるのが一番大きくなると言うので揉まれてみたり。ただ揉まれるだけでは意味がない!ちゃんと感じないとダメなんだよとアドバイスをされ続けていくと気持ち大きくなった気はしました。

それで満足してしまい、下着はブラトップばかりでブラジャーも付けず、そんな生活をしていると元にもどるどころか、前より垂れているような気がします。こんな胸は嫌だと思い豊胸手術をしよう!とまじめに考えていたのですが、最近友達が一年ぶりに会ったら豊胸手術したんだよ!と言っていてとても興味があったので詳しく聞いてみると、まず金額が想像よりも遥かに高額で、そしてなによりもその友達がやった手術は自分の脂肪を胸に入れる手術らしく、激痛すぎてしばらく仕事にいけなかったし、脂肪をとった後があざになり全身あざだらけで何週間も過したそうです。

友達はこんなに痛い思いと高額を出したのに希望通りのカップにはなれず、一年は保証があるとは言っていたものの、あんなに痛い目に合うのは絶対に無理だわといっていました。憧れだった豊胸手術。そんな感じだと思ってもいませんでした。脂肪を胸にて聞こえはいいのにこのお腹の肉が胸にいけばどんなにいいことかと思っていたのにやはりそう、甘くはないんですね。

他の手術方法でヒアルロン酸を胸に入れるて方法もあるみたいですが、まず金額が友達が受けた手術代の倍以上もするのになんと半年で吸収されてなくなってしまうそうです。痛いか痛くないかはわかりませんがやはり豊胸手術て甘くないんですね。もう、歳も歳なので大きくしようなんて諦めて自然なまま今の胸を大事にしよう!ととても思いました。