初潮は早いほうだったのに貧乳のまま…授乳中は夢のおっぱいになったが終わると元に戻り乳首が黒ずんだ体験談。

おっぱいのお悩み体験談・貧乳、デカパイ、陥没乳首、乙女の悩みは尽きません。

初潮は早いほうだったのに貧乳のまま…授乳中は夢のおっぱいになったが終わると元に戻り乳首が黒ずんだ体験談。

女性のおっぱいは小学5~6年生ぐらいから少しずつ変化し膨らみ始めるのが一般的ですよね。小学生高学年になると、初潮がきたとか体育着を着ると胸が目立つとか、体の悩みが出始める時期です。仲のよい友達の1人は体が大きく、当然おっぱいの発達も早かったのでスポーツブラをつけている彼女をうらやましく思ったものです。お友達の体の変化を見ながら、いつか私もスポーツブラが必要になってくるのかな?と、わくわくしていたのを覚えています。当時私は小柄だったので、待てど暮らせど、一向におっぱいは膨らんでくれません。個人差があるのだからと自分に言い聞かせ待ち続ける日々。

気がつけば中学生。体育の授業で着替えの時に、同級生女子の半数以上はブラジャーを着けていることに気づいてしまいショックを受けました。私はまだまだブラジャーなんて必要のないおっぱいだったからです。初潮は割りと早いほうだったのに、私のおっぱいはわずかに膨らんだだけだったのです。中2になった頃には、たいして必要ではないけれど普通の肌着を着ている自分が許せず、母に頼み込み無理やりAカップのブラジャーを買い、着けていました。スカスカのAカップ。それでもいつかはこのスカスカがなくなりサイズアップするんだと信じていました。

高校生になると、周りの男子の視線が気になるようになりました。アイツは胸がデカイとかアイツはぺチャパイだとか、漏れ聞こえてくる男子の会話が妙に気になり、自分は確実にぺチャパイと言われているに違いないと妄想が膨らみ、パット入りのブラジャーを買うようになりました。脇腹の贅肉をブラジャーに押し込めるというテクニックもこの頃に身に付けました。

社会人になっても、ぺチャパイの悩みは変わらず。私は胸の成長だけ止まっているのか?と日々嘆いて暮らしていました。巨乳や貧乳という言葉が流行り始め、嫌な世の中になったものだと感じていました。幸い、当時付き合っていた彼は巨乳は好きじゃないと言ってくれていたのが救いでした。そうはいっても貧乳すぎやしないかと、バストアップ体操なども試してみましたが、それほどの効果はなくパット入りのブラジャーに脇肉を押し込めて少しでも大きく見せようと努力していました。牛乳を飲むといいとか、腕立て伏せでバストアップできるとか、いろいろな噂を信じて実行してはことごとく裏切られる。その繰り返しで半ば諦めていました。

そんな私も結婚し、妊娠・出産を経験すると、嘘のようなおっぱいに!思わず写真に収めてしまったほどの喜びと感動でした。揺れると痛いとか、今まで味わったことのない経験に感動を覚え、これが永遠に続いてくれたらと願っていました。しかし、そんな幸せな時間は束の間、授乳を終えれば再び貧乳に後戻り。おまけに乳首は黒ずみ、醜くなってしまいました。

こんなおっぱいでは、夫に嫌われてしまうのではないか?浮気されてしまうのではないか?と不安にかられた私は、サプリメントにすがったのです。ある雑誌に載っていたドリングタイプのバストアップサプリ。かなりお高かったのですが、女の意地とばかりに飲み続けました。愛用者の声に記載されているような嬉しい結果が出ると信じて。
結果は撃沈。1ヵ月、2ヵ月、3ヵ月、半年飲んでも効果なし。さすがの私も白旗です。参りました、諦めました。

でも、冷静になって考えてみれば、夫は私のおっぱいに対して何の不満も漏らしたことがないのです。私の一方的なあくまでも小学生の頃からの願望を叶えるためのくだらない悩みだと、ふと気づいたのです。その後も妊娠・出産を経験し、その度に豊満なおっぱいを体験できるのです。まぁ、いっか。長年悩み続けた私の結論。今となっては笑い話です。