早かった成長期…当時はブラでからかわれるのが嫌だったが、早く着用しておけばよかった体験談。

おっぱいのお悩み体験談・貧乳、デカパイ、陥没乳首、乙女の悩みは尽きません。

早かった成長期…当時はブラでからかわれるのが嫌だったが、早く着用しておけばよかった体験談。

私はどちらかというと早くから胸が膨らみ始めました。確か小学校4年か5年生あたりから膨らみ始めたと記憶しています。当時は良く外で遊ぶ活発な少女と言った感じだったので、いまだ子供の胸囲のままの友人たちと比べて違っていく自分の胸が大変なコンプレックスとなっていました。とはいっても私以外にも胸の発育が早かったクラスメイトは数人いたので、自分だけではないという安心感もあったと記憶しています。

特に当時の悩みと言えばブラジャーについてです。胸が大きくなっていくにつれてブラジャーは必須のものとなりますが、私は出来るだけつけたくないと思っていました。理由としては2つあり、まずは単純に慣れていない下着を長時間つけることが気持ち悪いということです。もう一つが最も大きな理由ですが、男子にからかわれるからというものです。ブラジャーを付けていると体操服を着たときに透けてしまい体育の時間のときに男の子たちがこそこそと話したり、からかったりしていたのが大変に不愉快でした。結局のところ母からいい加減にブラジャーを付けなければダメだと言われ、着用するようになりましたが、今思うとブラジャーを付けていない方が恥ずかしいし、男の子にも何か言われそうだったのにどうしてぎりぎりまで拒んでいたのだろうかと今では思います。

もし、私のように胸が膨らみ始めてもブラジャーを付けるのを拒む人は絶対に早く着用したほうが良いです。少しでも出始めれば体操服などの薄着のときは分かってしまうので拒めば拒むほど恥ずかしい期間を過ごすことになります。また、娘または親戚が拒んでいるなどと言った場合も出来るだけ説得して早く着用するように導いてほしいです。

今現在の胸に関する悩みと言えば、生理前になると胸が張ることです。普段は大きすぎず小さすぎないちょうどよいサイズだと思っているのですが、生理前になると胸が張って痛くなってしまいます。いつごろからこういった症状が出るようになったかは覚えていません。ただ高校生の時にはすでにこういった変化はあったように思います。生理に関係する変化だと思われるので、生理前はなるべく体調などに気を付けるようにしています。また、それ以外では激しい運動などを避けるなどの対処をして過ごしています。

おっぱいで得をしたことはないような気がしますが、サイズがちょうど良いので、どこに行ってもサイズがあり選べる自由度が高いのは良かったと思います。知り合いにとても大きなバストをした方が居るのですが、大きすぎてなかなかサイズがない上に良いデザインも少ないと嘆いていたので余計にそう思います。

学生時代から社会人になってまで様々な方と出会いましたが、胸の大きさは人それぞれで大きい人も小さい人も身近には居ました。特に学生時代は修学旅行などの行事のお風呂で他人の胸を見る機会が多かったです。当時は私を含め多くの人が胸を隠して入浴していました。どうも思春期は他人に対しての羞恥心が強く出てしまい。友人相手でも胸を見るのは恥ずかしいといった感覚が強かったように思います。これは年齢的なものなので恥ずかしがって当然だと思ってよいと思います。

それとあともう一つ中高生あたりでしょうか、その時に妙に鳩胸であることが気になったことがあります。しかし、いつの間にか鳩胸であることのコンプレックスは消えてしまっていたので、時間が解決することもあるのかもしれません。もし、誰にも言えず悩んでいることがあるなら思い切ってそのことを考えずに時間に任せるというのも良と思います。その証拠に子供のときに悩んでいた胸に関することは今は全くと言っていいほど気にしていません。