なんとなく大きい方がいいとバストアップする体操をしたが…おっぱいに関係なく素敵な恋をした体験談。

おっぱいのお悩み体験談・貧乳、デカパイ、陥没乳首、乙女の悩みは尽きません。

なんとなく大きい方がいいとバストアップする体操をしたが…おっぱいに関係なく素敵な恋をした体験談。

思春期に急激に発達する、心と身体。女子も男子も気になるもの・・・それは「おっぱい」です。今や3人の子供を持つ私ですが、中学生の時にどんどん膨らむ胸・・・「おっぱい」に悩まされたものです。割としつけの厳しかった我が家では、性的な話はタブーでした。胸が大きくなってきた、なんてことは母親に言えずいつまでも子供じみたパッド入りのキャミソールやスポーツブラをつけていました。

剣道部だったので、スポーツブラが機能的で便利であったのですが、大きくなってくる胸を保護し支えるのは、やはり身体に合っているブラなんですね。中学2年生にもなると、みんなかわいらしいティーンズブラや、ちょっと大人なブラをつける子も出てきます。そんな時、自分一人が浮くのは恥ずかしいですよね。下着屋さんできちんと身体に合わせたブラが買えるんだよ、と教えてくれたのはお姉ちゃんのいる友達でした。母親と一緒じゃ、かわいらしいブラも買えません。「剣道するのに動きにくいから新しい下着買うのにお金ちょうだい」と親に頼み、その友達についてきてもらって人生初「清潔感のあるかわいいブラ」を購入しました。適度にホールドがあり、締め付けなくかつしっかり支えてくれるブラジャーに感動したものです。店員さんもよくわかってらっしゃるので、中学生らしいブラジャーを選んでくれました。無理に大人ぶる必要はありませんが、きちんと合わせたブラは、身体の成長も心の成長も促してくれることと思います。

日本人の胸のサイズの平均はBカップからCカップだそうです。ブラジャーをつけ始める最初のうちはカップがよくわかりませんでした。なんとなくBカップをつけていました。BカップやCカップぐらいが数が多く一番かわいいデザインが多かったんですよね。体育や部活の際、友達から「それ合っていないんじゃない?」といわれ判明。やっぱりちゃんと専門の人に測ってもらったほうがいいですね。この時期って、胸の大きさで悩む子がおおいですよね?バストアップ体操といって、太めの雑誌を胸の前にもち、押し合って力を入れる運動をよくやったものです。なんとなく、小さいより多きほうがかっこいいと思ってました…。「おっぱい星人」って言葉があるくらい、男子だって大きいほうが好きだよね?憧れの先輩も、大きめが好きかな?!と運動に励んでいました。

・・・が、3人の子持ちとなった今は「おっぱいの大きさなんか関係ない!これは赤ちゃんのためのもの!」と言えます。

例えば、あなたのお友達が自分の胸の大きさを自慢ばかりしていたとして・・・。胸の大きさを自慢にする友達って・・・大事ですか?好きになれますか?意中の男性が「巨乳な人が好き」って言ってたら・・・、ひきませんか?本当にそんな人を好きですかね?「大きいほうがいい」とされる「おっぱい」ですが、私個人は胸の大きさなんて関係ないと思っています。結局はあなた個人の魅力であり、内面やファッションであなたができあがるのだと思います。

と、いうのも思春期真っただ中だった当時の私も「もっと胸が大きければ」と、ワイヤー付きの高めのブラを頑張って買ってみたりしていました。ですが、当時好きになった彼に「胸の大きいほうがいいよね?」と聞いたところ「ん?大きさなんて関係ないかな?君の胸がすきなんだよ」と言われたことで吹っ切れました!ブラで大きく見せる必要なんてない、自分を好きでいてくれるこの人が好きなんだなぁ、と。ちなみに、この彼は3人の子供のパパとなりました。

赤ちゃんのためのおっぱいになって張りもなくなってしまいましたが、相変わらず彼は「君のおっぱいが好きだよ」と言ってくれます。胸の大きさで悩んでいるあなた、そんなことであなたは決まらない。自分を磨いていってください。みんな、素敵な恋をしてほしいと思います。