大柄だけどAカップで大人になってもコンプレックス…リンパマッサージやナイトブラを試したが旦那に出合って救われた体験談。

おっぱいのお悩み体験談・貧乳、デカパイ、陥没乳首、乙女の悩みは尽きません。

大柄だけどAカップで大人になってもコンプレックス…リンパマッサージやナイトブラを試したが旦那に出合って救われた体験談。

私が自分の胸に悩んでいたのは高校3年生、18歳の時です。私は身長も165センチと高く体重もほかの人よりありますし胸が大きく見られがちなのですが、ずっとAカップです。私の友達には胸の大きい子もたくさんいたり結構オープンな女子が多くいたので胸の小さい私はよく馬鹿にされていました。私の胸は小さいですし、形も垂れてしまっていて乳首の色も茶色でこれが本当に嫌で胸の全部がコンプレックスに感じていました。それに比べて周りの友人は胸のサイズ自体が大きくてEカップFカップもざらでしたし、形も整っていて綺麗な胸だったのを記憶しております。

私が胸に対してコンプレックスを感じるようになったきっかけは思春期で、周りから胸が小さいことを指摘されるたびに傷ついて自分だけどうして大きくならないのかと不安でした。水着なんて胸の大きい子が着るものだと思っていましたし、寄せても谷間すらできない私にとって水着は未知の世界。水着もプールも温泉もすべてにおいて露出することが恥ずかしいと感じてしまっていたので極力避けて生きてきましたし、学生時代はあまりプールの時間が好きではありませんでした。

また大人になってからより一層コンプレックスを感じるようになって、男性の視線をより感じるようになったことが大きいと思います。お付き合いする男性は高確率で巨乳好きでした。「貧乳が好きだよ」と言っていた男性も家にあったAVが全て巨乳系だったり、好きという女性が胸が大きかったりと全てにおいて悪循環でネガティブに感じてしまっていました。これを見てからは本当に男性みんなが胸の大きい人でないとだめなんだなと思って、この人ともお別れしてしまいました。意外とデリケートな内容なので周りの誰にも相談はもちろんできませんし、隠してきたので心から信用している好きな男性にまでそういわれてしまうと本当に傷ついてしまいます。

私が胸の悩みのためにしたことはたくさんあるのですが、バストケアのクリームを使って毎日胸のマッサージを行っていました。ワキから胸の周りのリンパを流すようにマッサージを血流のいいお風呂で毎日やっていました。また眠るときは必ずナイトブラを使用しておりました。少しでも眠っているときに胸が流れてしまわないようにこれ以上胸が垂れてしまわないためにないというためにナイトブラを使用しておりました。この2つが一番効果があったものと思います。胸のハリをかなり感じるようになっていました。

効果がなかったものとしては胸が大きくなるサプリメントも使用したのですが、これはあまり効果がわからなかったです。また食事も結構昔から気を使っていて、少しでも胸が大きくなると聞いたものについては全部試してきました。特に毎日豆乳を飲んで鶏肉やキャベツなどをしっかりとるようにしていました。これは高校の時から続けていますが特に効果はないです。

私は学生時代から胸のことで悩んできましたが、正直大人になった今胸がすべてじゃないなと感じております。昔は本当にコンプレックスでしたし考えるだけで嫌な気持ちになっていたのですが、今はポジティブに考えられるようになっています。正直胸よりも、ダイエットをしたり化粧を研究したり、料理のレパートリーを増やしたりするだけで男性からの視線をもらうのは別な意味で可能でした。

今では盛ブラなんていうものもあって、正直つけてしまえば本当にAカップ?というくらい盛ることができますし、今の旦那は私のことを内面から好きだと言ってくれているので本当に出会えてよかったなと思えましたしコンプレックスを解消できたきっかけにもなりました。昔はみんながみんな男性は同じだと思っていたのですが、中にはすごくいい男性もいるのでそういった男性と出会えるだけで自分の中の考えは変わると思います。