彼氏の一言から始まった…マッサージや胸筋などを試し、前向きに今も頑張り続ける体験談。

おっぱいのお悩み体験談・貧乳、デカパイ、陥没乳首、乙女の悩みは尽きません。

彼氏の一言から始まった…マッサージや胸筋などを試し、前向きに今も頑張り続ける体験談。

私が一番胸に悩んでた時期は、高校3年生の18才の時でした。部活も引退して推薦入試に受かるために試験対策を毎日頑張ってまじめに勉強していたが、スカートはおったりなどもしてまじめだけど不真面目な学生でした。こんな私の周りは元気で腹黒いとても面白い友達ばっかりいて、彼氏もいて、充実した高校生活をおくっていました。そんな私が胸に悩み始めたきっかけはそう、彼氏です。

大分付き合いも長くなってきたころそいつは「いやあ~もうちょっとほしいよね笑」といってきたのです。その一言から胸についていじって来ることが多くなったのです。そんなに多くいじられるとさすがに気にしてきます。「このままちいさいとあきられるのかな」「つまんない、小さいのやだ」っていって別れられるのかなと思いました。また、胸がちいさいとなんか服が着こなせない、水着着ても色気ないなどいろんなことを考えました。

私はBカップで形はとてもきれいまではいかない普通の胸でした。まわりには胸が大きくてはりもあってきれいな形の子がたくさんいてとても恥ずかしかったです。サイズなど絶対にいいたくありませんでした。そして、美乳で大きな胸を目指そうと色々な方法を試しました。お金は絶対にかけたくないと思っていたので、できる限り自力でものに頼らず行いました。ひとつ目はマッサージ。いろんなサイトにいろんな方法がのっていて正直悩みました。結果、一番手順が少なく短時間で行えるものを選んで始めました。最初の1周間は問題なく毎日行っていました。しかし、私は一日めんどくさいなと思ってサボってしまいました。その結果、それっきり行わなくなりました。

そう、私はこういうのは続かないのです。続かないのにも関わらず二つ目の作戦にいきました。それは胸筋をつける。筋肉をつけてから脂肪をつけるといいとききこれにしました。ただ筋トレを行うのは無理だと判断したので、合掌のポーズで手にグーっと力をいれるという方法です。空いた時間に行うという風にしました。力が足りなかったのか、する時間が短かったのか結局成果は見られませんでした。この事からむりだなと判断してこれからはなにも行っていません。しかし、今現在その彼氏とは続いています。いまだに胸小さいとはいってきます。ほんとムカつきますよね笑

大きくならなくても得してることはたくさんあります。例えば、痩せて見える。胸がとても大きい人はよほどウエストが細くないとボンボンとなって太って見えますし、むねのサイズに会わせて服を買わなければならないのでさらに太って見えてしまいます。その点に関しては胸が小さい私たちは得しているのかなと感じています。また、運動もしやすいです。私は元々ダンスをしていたのですが、激しい振りをしていても邪魔になりません。ダンス仲間で胸が大きい子がいたのですが、邪魔だからほんと要らないといっていました。このことから、スポーツをする人や普段よく動く人にとっては胸がないことはとてもいいことだと思います。逆に羨ましがられると思います。まあ、あることに越したことはないんですけどね。。でも、私は胸が小さいことはしょうがないと思ってます。それでああだこうだいって来る人はもう無視です笑。前向きに生きていこうと思いました。

こんなこといってますが、実は今また大きくならないかと頑張っています。トイレにいったとき必ずむねの位置を正しいところに戻すというやつです。少しでもきれいな胸になればいいなと願って頑張っています。少しずつ時間おかけてきれいなからだになって彼氏にギャフンといってやりたいと思ってます。同じ悩みを抱えている方、目標に向かって頑張りましょう!