貧乳で男子にからかわれ、健康的に太り大胸筋を鍛えようとしたが…小さいおっぱいでも彼氏の言葉でラクになった体験談。

おっぱいのお悩み体験談・貧乳、デカパイ、陥没乳首、乙女の悩みは尽きません。

貧乳で男子にからかわれ、健康的に太り大胸筋を鍛えようとしたが…小さいおっぱいでも彼氏の言葉でラクになった体験談。

私がおっぱいに悩み始めたのは、中学校2年生の頃です。まわりの友人のおっぱいが発育をし始めて、明らかに自分よりも膨らんでいることが、服の上からでも分かるのです。もちろん女子の中でも個人差はございますので、ものすごく大きな女子もおりましたし、発育しているんだなぁ。その途中なんだなぁ、という女子等、様々でした。

私がどんな学生だったかと言うと、特に目立つ訳でもなく、日陰にいる訳でもなく、いたって普通の女子だったと思います。おしゃべりする事が好きでしたので、休み時間に友人と恋のハナシや家族関係の悩み、友人関係の悩み等、色々な事を話していました。バスケットボール部に所属しておりましたので、朝は早くから朝の練習がございまして、とても早起きをして学校へ通っておりました。放課後も部活動がございますので、体育館でバスケットボールの練習をしたり、体育館の外に出て、走り込んで体力づくりをしたり、土日には練習試合がございまして、中学時代の半分以上は、部活動に時間をついやしていた活発な所もございました。

周りの友人は、クラスの主役の子と言うよりは、明るい子や、おとなしくても面白い子、部活に熱心な友人が多かったです。類は友を呼ぶと、よく言いますが。その様な感じだったと記憶しております。ただ体型は、類は友を呼ぶわけにはいかないようです。

私の胸は、Aカップあるかないかの、ぺったんこな胸でした。全く膨らみが無いわけではないのですが、周りの発育した女子達を、目の当たりにすると、正直とても哀しかったです。友人の中に、2名程、私と同じようなおっぱいの持ち主がおりまして、私を含める3人の共通点は「痩せていること」でした。ただ、痩せていても、おっぱいだけ、とても大きい女子もおりましたし、不公平なものですよね。特に、夏場の体操着ですと、薄着ですし、ブラジャーが透けていたりもしますので、比較対象にはぴったりでした。

先程も、申し上げましたが、私のおっぱいは「Aカップ」です。ブラジャーはしておりましたが、ブラジャーによって、多少大きさも変わってきますので、Aカップだったり、Aカップより少なめだったりしました。乳輪は少しくすんだピンク色でした。大きさは当時で、3.5cm程でした。やはり周りとの、1番の違いは大きさでした。おっぱいが小さいという自覚もございましたし、男子にからかわれる事もございました。いつも、同じ男子が、からかってきて。今では「もしかして、私に気があったのかしら?」と、思いますが。当時は思春期まっただ中ですし、悩んでいる事に対して余裕がございませんでしたので、そこまで考える事は出来ませんでした。時折、あまりにも哀しくて泣きそうになった事もございました。

おっぱいにまつわる具体的な「悩み」を書きたいと思います。私はおっぱいが小さいことにコンプレックスを感じておりましたので、嫌だったことは体育の時間の着替えです。周りの友人たちの発育したおっぱいが、すごくうらやましくて自分が女子として情けなく感じたからです。次に、上にも書いた様に、同一の男子からの「からかい」でした。顔を合わせると同時に、その男子は自分の胸の前に手をかざして、平らですというジャスチャーをして、私の方を見てくる事がよくございました。実際に小さいねと言われた事も、何度もございました。私が「プールの授業、嫌だなぁ」と言うと「胸、小さいから?」と直接言ってきたりして本当に嫌でした。プールの授業は、水着になりますので。おもいっきり、おっぱいの大きさが分かります。女子はもちろん、男子も一緒ですので、恥ずかしくて穴があったら入りたい気分で、毎回本当に嫌でした。

胸のコンプレックスに関しては、誰にも相談出来なかったです。祖母も、からかってくる人でしたし、母もそうでしたので。

こちらの悩みを解消する為に、頑張ってみた事は、まず健康的に太ることです。とても細く、寄せ集めるお肉も無かったですので、太ることから始めようと思ったのです。次に、大胸筋を鍛える運動をほぼ毎日しておりました。そんな努力も虚しく、現在30代になりますが、私は相変わらず、痩せ型で細身のままです。発育はしませんでした。

ただ、あの頃は。あんなにも悩んでいたけれど、今思えば、足のサイズが皆違う事と同じようなものだと感じます。告白をして胸が小さいからと言って、ふられることは無いですし、実際に、お付き合いをしたら、恋人に胸をみせるのですが、これまでお付き合いをした男性は、皆「かわいい」と言ってくれます。もちろん、大きなおっぱいに憧れがある男性もいましたが、大きいおっぱいに恋する訳じゃない、と言っていました。好きな人の胸だから、小さくても可愛いし、触りたい。そういうものだと言っていました。そんな風に、言ってもらってからは、心のおもりがとれた様に、すーっとらくになりました。

今は、肩がこらなくて良い!とか、小さいからこそ、似合うファッションがあるわ!等、プラスの考えも出てきましたし、うつ伏せになれるのは、とってもらくちんです。