母がAカップで不安だったが私はDカップに…乳首の色が濃く左右に向いたおっぱいで谷間ができなかった体験談。

おっぱいのお悩み体験談・貧乳、デカパイ、陥没乳首、乙女の悩みは尽きません。

母がAカップで不安だったが私はDカップに…乳首の色が濃く左右に向いたおっぱいで谷間ができなかった体験談。

私が自分のおっぱいについて悩み始めたのは小学校5年生の頃でした。同学年の女の子はかわいい洋服を着たりファッションが話の話題になったりし始めていて私もおしゃれに目覚めてきた頃でした。私の母がAカップの貧乳で、おっぱいの大きさに対して乳輪と乳首が大きくバランスが悪いのを気にしていました。おしゃれな服を着てもいまいちしっくりこない…とよく不満をもらしていました。そんな悩みを横でなんとなく聞いていてもしかしたら私も遺伝でお母さんみたくおっぱいが大きくならないんじゃないか?とすごく悩んでいました。

小学校六年生になると生理が始まり、私のおっぱいも同時に少しずつ成長していきました。私の不安とはよそにどんどん成長してサイズはDカップまでに成長してくれました。ただ母に似たのか乳輪と乳首のサイズが少し大きかったのと乳輪にポツポツと小さいシミみたいのができているのと、乳首が少し茶色いのがコンプレックスでした。おっぱいの形は両方のおっぱいが左右に向いていたのでDカップあっても谷間があまりできなくて、谷間のあるおっぱいに憧れていました。

初めてしたブラジャーは母が買ってきてくれたスポーツブラジャーでした。スポーツブラジャーというものを知らなかったので、最初にするブラジャーは母がしているような可愛い大人がするようなものしかないと思っていたので、シンプルでつまらないデザインだなぁと少しがっかりしていました。

私の親友の女の子も発育がよく学年で一番の巨乳でした。ブラジャーも私のようなスポーツブラジャーではなくシンプルだけどかわいいブラジャーでした。ただ体育の時間になるとすごく目立っていて走るとまるでおっぱいが走っているんじゃないんだろうかという迫力でした。それを見た男の子達はその子の話題でヒソヒソと何かを話したりしていました。親友は大きすぎるおっぱいにコンプレックスを持っていたのでおっぱいに関する話は親友との間ではできませんでした。でも私は一緒に着替えたりするときにチラッと見える胸の谷間にうらやましいと感じていました。その親友がいつも近くにいたのでDカップあっても谷間ができない自分のおっぱいに余計にコンプレックスを感じるようになりました。

高校にはいるとおこづかいをもらって自分でブラジャーを買うようになりました。谷間ができないコンプレックスを解消するためとにかく谷間ができるとキャッチコピーがついているブラジャーを探しました。そんなに高いものは買えないし、当時はネットショッピングも普及していない時代だったので何件もお店をまわって自分の理想のブラジャーをさがしました。ブラジャーの付け方も脇からお肉をかき集めて中央に寄せてと一生懸命でした。初めて谷間ができたときはすごく嬉しかったです。

高校を卒業して就職すると初めての彼氏ができました。ただまだ私はおっぱいにコンプレックスがありました。それは乳首の色です。年々さらに茶色が濃くなっている気がして悩んでいました。そんなとき折り込みチラシの中に乳首の色をピンク色にしてくれるという商品に出会いました。注文して家に商品が届いて早速使ってみました。グロスリップの様な容器に入っていて容器の上を回すと液体が出てきてそれを直接、乳首にぬると説明書に書いてありました。二週間くらい試した頃に乳首の全体ではなく所々茶色い色が薄くなってきたように思いました。

乳首のメンテナンスをしている最中、急に彼氏と初夜を迎えることになってしまい、おっぱいのコンプレックスがあることを彼氏につげつげました。すると彼氏はそんなこと気にしなくていいといってくれました。実際私のおっぱいを見て言ったのは何を悩んでいるのかわからない。おっぱいで好きに為る訳じゃないけど大きさも自分好みで魅力的だと言ってくれました。乳首が茶色いのも別に気にならないと言ってくれて、男の人はみんなピンク色の乳首が好きだと思っていたのでびっくりしました。人によっておっぱいの好みも違うんだな、自分が悩み過ぎていたのかもと思いました。それからは続けていた乳首のメンテナンスもやめてしまいました(笑)