左右で大きさが違う巨乳。乳首の色も気になる…コルセット、姿勢、胸筋などでおっぱい作りに励む体験談。

おっぱいのお悩み体験談・貧乳、デカパイ、陥没乳首、乙女の悩みは尽きません。

左右で大きさが違う巨乳。乳首の色も気になる…コルセット、姿勢、胸筋などでおっぱい作りに励む体験談。

自分のおっぱいについて、女の子なら誰でも悩んで当然のことです。私は今でも自分のおっぱいの悩みはつきません。ですが、自然なことなのだと理解できるようになってからは悩んで落ち込むことはなくなりました。そして、これは今だからこそ言えることですが、私も小学校高学年から中学1年生くらいの間はひどく悩んでいました。

元々、活発で小さい頃から男の子と外で泥遊びをしたり走り回ったりするような子だった私は、思春期になって女の子として成長していく自分の体を見るたびに当時、仲の良かった男の子とは違うのだと実感させられることに少しがっかりしていました。さらに私の場合はおっぱいの成長が周りの女の子と比べて早く、特にプールの授業の時などに他の子より目立つのが気になって嫌で仕方ありませんでした。

学年が上がるにつれてだんだんと他にもおっぱいが成長してくる子はいましたが中学生でB〜Cカップくらいあった私は走るたびに揺れる自分のおっぱいは必要ないとさえ思ってしまっていました。小学4年生から中学3年生までバレーボールをしていたのですが、そこでもプレー中に滑り込みをするたびにおっぱいが邪魔だと感じていて今では笑えるのですが、何回も滑り込んでボールをとるプレーをしていればそのうち磨り減らないかなとバカなことを真面目に考えたこともあります。そんな悩みに変化があったのは中学を卒業する頃です。

その頃、初体験をした子がチラホラでてきたり性についての話が普通にできるようになったりしたことでおっぱいに個人差があることやその他の性の悩みなども深く悩まなくなりました。そして、高校生で海外の方と接する機会が何回かあり、海外に興味がでてきたことでその悩みはさらに小さくなっていきました。海外についていろいろ調べるうちに、海外の方は俗にいう「ボンッ・キュッ・ボン」のメリハリがある体が好みだとことを知りました。そして、海外の方はありのままの自分が一番だということを教えてくれました。この時、今まで悩んでいたのは何だったのだろうかと心が軽くなりました。海外の方におっぱいが大きい方が好かれるから、というのではなくてありのままが一番良いとする考え方に私は救われました。それからはおっぱいを綺麗に保つためにはどうしたらいいのか考えるようになりました。ですが、そこで私は新たな悩みに出会いました。

それはサイズに左右差があることです。左胸の方が右より大きいのです。また、乳首の色も気になるようになりました。これは他人のおっぱいを見た訳ではないので一概には言えませんが、綺麗なピンク色をしている方が一般的だと聞いたことがあります。自分のは綺麗なピンク色と言えるのだろうかと考えることはありますが、ありのままの自分が一番なのであまり深くは悩んでおりません。男性にも自分のおっぱいを見られるような年齢になると、また悩みも変わってきます。

今の私がそんな悩みを解決するためにしているのは胸から腰まであるコルセット型の下着をたまに着ること、意識して姿勢を正すこと、胸筋を鍛える運動をすることです。エステティシャンの方に聞いた話では、姿勢が正されることで自然とおっぱいの形は綺麗になるそうです。そして、胸筋を鍛えることで重力に負けないおっぱいを作れるのだそうです。猫背気味の私は今現在、姿勢を正して綺麗な形のおっぱい作りに励んでいる最中です。乳首についてはとりあえず乾燥しないように腕や足と同様にクリームを塗って保湿をするように心がけています。色に代わりはありませんが気持ちハリがでてきたのではないかと思っています。

悩んでいるのは自分一人じゃないということ、心理的にも物理的にも解決方法はあるということが伝われば幸いです。