おっぱいが大きく陥没乳頭…親が買うブラが合わないうえ、乳首を自分で引っ張り出していた体験談。

おっぱいのお悩み体験談・貧乳、デカパイ、陥没乳首、乙女の悩みは尽きません。

おっぱいが大きく陥没乳頭…親が買うブラが合わないうえ、乳首を自分で引っ張り出していた体験談。

自分のおっぱいについて悩み始めたには小学校4年生位のときでした。私は特に背は大きくなく体格も普通だったのですが胸が大きくなるのが周りの友達よりも早く、小学生のうちに洋服の上からでも目立つくらい大きくなりました。周りにはまだスポブラしていない子が多かったにもかかわらず私はほぼ大人と同じようなブラジャー。なんとなく女の子の友達にも胸が大きい事がばれるのが嫌で小学生の間は出来るだけ隠して生活していました。特に私は器械体操をしていたので、試合の時などはレオタードを着用しなければなりませんでした。その時が一番苦痛で子供なりにいろいろ考えて、さらしのようなものを胸にまいて出来るだけ胸がぺちゃんこに見えるようにしていました。ちなみに親との関係は悪くなかったのですがそういう体の事や性的な事を話すのがとても恥ずかしいという気持ちが私にあり、悩みは話せませんでした。

また小学生時代は私の周りの友達の子はほとんど胸がふくらんでない子ばかりだったので、なんで自分だけが、、とかなり大きな胸がコンプレックスになりました。中学生になると周りも友達も胸が大きくなってきたりブラジャーを付けている子が多くなったので大きさはあまり気にならなくなりました。ちなみに中学1年生でDカップ位あったと思います。母親も胸が大きくなっていることにはもちろん気づいていて下着も購入してくれたのですが学生用のブラの様なものばかりで、そのころにはもうそんなブラジャーでは覆いきれない大きさになっていました。せっかく下着を買ってくれた母にブラジャーが小さい事が言い出せず(私が言うのが恥ずかしかった)そのまま使っていました。

ある日学校で着替える時にうっかりブラジャーが丸見えになってしまい友達に胸を直接見られました。その時に「ブラジャーから胸がはみ出している」とからかわれとてもショックでした。気にはならなくなっていたもののおおきな胸がまだコンプレックスに思っていたので。。
その時に母にお願いしてきちんとサイズを測ってブラジャーを購入してもらいました。

高校生になると大きな胸は逆に友達に羨ましがられるようになり大きさに関するコンプレックスはまったくなくなりました。しかし私の胸の悩みはもう一つあり、それは乳首が陥没していることでした。両方の乳首がギュッと中に入って入るような感じで手でつまめば出てきますがまたすぐに戻るという状態でした。正直あまり気にしていなかったのですが、母と温泉に行った時に私の胸の乳首が陥没している事に気づいた母が「将来、赤ちゃんがおっぱいを飲めなくなるから今からつまんでだしておきなさい」といわれたのをきっかけに乳首が陥没しているのはダメなんだと思うようになりました。確かに友達や母の乳首は普通に出て形も普通の丸のような感じ。私は完全に中に引っ込んでいて引っ張りだしてもいびつな形の乳首でした。

母に言われてからお風呂の時などに意識して引っ張りだしていましたがあまり効果がでずそのままでした。陥没乳首で最初に困ったと思った時は彼氏ができた時でした。彼氏と性行為をする時に乳首がなかったら彼氏はびっくりするかな、幻滅するかなと心配でたまりませんでした。結局は性行為の直前まで彼氏にばれないように自分で乳首を引っ張りだしていました。彼氏が胸を見た時にどういう状態だったのかはわかりませんが特に何もいわれなかったので安心しました。陥没乳首を出すスポイトのような物が赤ちゃん用品店にあり1年位試していましたがその時ばかり出て普段はやはり陥没のままでした。

そのまま乳首の陥没が直らないまま結婚、出産しました。妊娠して胸が張ってくると乳首も少し上にあがってきました。そして少しつまめば子供が吸い付ける位に出てくるようになり、子供がおっぱいを飲むようになると子供が乳首を吸うことによって乳首が出てきました。何年も陥没していた乳首が自然の状態で出てくるようになったのでびっくりです。大きさや乳首で悩みが多かった私の胸ですが年齢や生活の変化で解決されてきました。