おっぱいが大きく中学三年でできた彼氏が胸目当てだった…さらしや補正下着で胸を隠していた体験談。

おっぱいのお悩み体験談・貧乳、デカパイ、陥没乳首、乙女の悩みは尽きません。

おっぱいが大きく中学三年でできた彼氏が胸目当てだった…さらしや補正下着で胸を隠していた体験談。

中学2年生くらいから自分の胸の大きさに悩んでいました。スポーツもやっていたので痩せ型だった割に胸の成長が早くどんどん大きくなり気になり始めました。周りの友達はそんなに気にすることないよ、むしろ羨ましいよ!と言ってくれてました。ですが、当時中学2年生にしてDカップでした。胸の張りもありブラジャーをすると更に目立っていました。特に夏の制服は白で丈が少し短いので胸があるせいか更に制服が短くなり気になっていました。周りの友達はまだそこまで大きくなく、大きくてもCカップくらいでした。

更に田舎なのでプールの時間もあり、水着を着ると目立つので男子の目も嫌でした。部活もバレーをやっていたので、ジャンプすると胸が揺れるし、服がめくれて見えてしまいそうになると男子がもうちょっとで見えるのにとか言ってるのが聞こえてくるとすごく恥ずかしくなり嫌でした。

中学三年生にもなると、周りの友達も彼氏が出来たりしていました。私も好きな人がいました。ですが、胸目的で告白してくる人が多くいました。好きな人に告白をされて付き合うことになり、当時は舞い上がっていたし、友達とも恋バナで盛り上がっていました。そんな中、当時の彼氏と遊ぶと必ず胸触らせてと言われていました。もしかしたら、この人も胸目的なのかな?と疑うようになっていました。そんな時、彼氏と他の男子が話しているのを聞いてしまいました。彼氏は俺あいつの胸以外別に好きじゃない。本当に胸大きいのいいよなぁ。と言っているのを聞いてしまいました。あまりのショックでどうしたらいいか分からず、友人に相談すると体目的で付き合う人とは別れたほうがいいよ!と言われて別れました。

それから胸を隠したいと思うようになってしまい、少し大きめの服を着たり、さらしを巻いたりしていました。高校にもなるとさらしなんて巻いてられず、少し大きめの制服で隠していました。部活もやっていましたが、大きめの服を着ていてあまり目立たないようにしていました。さらしを巻ける時は巻いていましたし、補正下着のようなものも当時からあったので親にお願いをして補正下着を買ってもらい胸を隠していました。もちろん、さらしや補正下着は結構苦しいので休み時間に少し緩めたりして使っていました。

ですが、高校二年生の時に同じ部活の先輩が気になり始め、初めて2人で遊ぶ時にありのままの自分を見て欲しくて少し胸を強調する服を着て遊びに行きました。当時はEカップありました。夏でしたので、海に行ったのですがもちろん周りの人はチラチラ胸を見る人が多く私自身も失敗したなぁと思っていましたが、先輩が上にきていたシャツを貸してくれて気になるなら着てなよと言ってくれました。先輩になら胸の悩みを言っても大丈夫な気がして、今までのことを打ち開けると笑ってくれました。俺はあんまり胸でだれかと付き合うとか思ったことないから、気にしなくていいと思うよ。確かに俺も胸はないよりあった方が嬉しいけど人と付き合うのは性格とかでしょ?まぁ見た目も多少は大事だけど胸じゃ決めれないでしょ?と言われてなんだか悩んでいた自分が馬鹿だなぁと思ってしまいました。

その後、先輩と付き合うようになり社会人になってからも付き合っていましたが胸を毎回触りたいとかも言われたこともなかったし、むしろ先輩の友達などに胸触らせてよと冗談で言われても先輩が守ってくれました。プールや海水浴に行っても必ず、上に羽織るものを貸してくれて守ってくれました。男性全員が胸が好きなわけではないし、むしろ気にしない人もいるので良かったなぁと思いました。今の旦那はむしろ胸が小さい方が好きとは言いますが胸があればセクシーな服なども着れて可愛いと言ってくれるので今は全然胸のことで悩むことはなくなりました。