鳩胸で乳輪もおっぱいも大きい…合コンで人気が出るのはいいが、胸が目立たない服にして楽になった体験談。

おっぱいのお悩み体験談・貧乳、デカパイ、陥没乳首、乙女の悩みは尽きません。

鳩胸で乳輪もおっぱいも大きい…合コンで人気が出るのはいいが、胸が目立たない服にして楽になった体験談。

私は小学校5年生くらいの時に胸が発達し始めました。普通のキャミソールでは、すけてしまうため、2枚重ねのキャミソールやスポーツブラジャーを付けるようになりました。友達の中にも大きい人がいましたが、ブラジャーつけてる?などと話の話題になったこともあります。友達の中には、面白がって、触られたり「大っきい。気持ちいい。」などと言う人もいたので、胸が大きくなることに抵抗がありました。しかし、小学校6年生になると胸が発達する人が増えてきて、からかうというより、楽しくふざけ合ったりなどした記憶があります。

中学生になると体育の授業で、ジャージに着替えないといけなかったので、胸やブラジャーを見られることがすごく嫌でした。特に大きい人や派手なブラジャーをつけている人は、陰で「あの子すごくない?」などと噂されたこともありました。また、体育で走ったり、飛んだり跳ねたりすると胸が揺れるため、体育の授業は本当に嫌でした。

私は鳩胸で中学1年生の時でEカップありました。ブラジャーのワイヤーが気になり、ブラジャーを付けるのが本当に嫌でした。でも、ブラジャーを着用しないと垂れてしまうと思ったのでイヤイヤ付けていました。また、私はクラシックバレエを習っていたので、踊るたびに揺れることやレオタードから胸がはみ出て谷間が見えてしまうことも嫌だった記憶があります。バレエの発表用の衣装も胸が邪魔して後ろのホックが止まらずに、サイズを上げて着ることもありました。バレエの友達は細く胸も小さいので、一人大きいと目立ってしまうことも多々ありました。胸が大きいだけでなく、乳輪も平均より大きいと母に言われたことがあります。妊娠すると今より大きくなると言われているので、乳輪が大きい事は今でもコンプレックスの一つです。

私は、胸が大きいことがコンプレックスで現在Fカップあります。大きいことが嫌のではなく、胸が大きいことを話題に上げたり、友達に言われたりすることが嫌でした。思春期の時は、そういった話に敏感な時期だと思います。高校生になると、逆に胸が小さいことがコンプレックスだという人も多くいましたが、その子たちに「いいなぁ。大きくて。どーしたらそんな風になれるの?」とふざけて大きな声で言われると、周りの男子に聞こえてないかすごく不安で、その時からコンプレックスに感じ始めたと思います。現在は大学に通って私服になりましたが、胸を強調させる服を着ると友達に「誘っているみたいだね。綺麗だけど。」と言われたことがあったので、胸を強調させるような服は必要最低限しか着なくなりました。母に相談することもあるので、服を選ぶ際は、母に見てもらってアドバイスを貰ってから買うことも多いです。

私は、胸が揺れたり強調するのが、嫌だったので、ブラジャーは某ノンワイヤーを着用しています。これは形を整えてくれて着け心地も良いです。ワイヤーは付いていないので、痒くなったりする心配もないです。走ってもゆさゆさ揺れることがないので、運動することが前ほど嫌いでなくなりました。また、某ブラトップもワイヤーがなく、カップが入っているため形が綺麗に見えます。また、強調させるような服は、少し控えて生活することで、胸がコンプレックスと思うことが少し減りました。服を上手く工夫し、着用することで気持ち的にも安心することが多くなったことは事実です。

胸で得したことは、大学の合コンで男子からの視線を浴びてたくさん話しかけてくれることです。こういう場の視線は不思議と嫌ではなく、人気ものになれるので逆に得したと思うことがあります。