自分だけおっぱいがEカップ…さらしやダイエットでサイズダウンに努力したが、個性だと思えるようになった体験談。

おっぱいのお悩み体験談・貧乳、デカパイ、陥没乳首、乙女の悩みは尽きません。

自分だけおっぱいがEカップ…さらしやダイエットでサイズダウンに努力したが、個性だと思えるようになった体験談。

私がおっぱいで悩み始めたのは高校1年生の16歳くらいからです。高校生になるとおしゃれやメイクなどに興味を持ち始めて、友達とショッピングへ行く事も増えました。華奢な友達が多かったのもありましたが胸が小さい子や全然胸がない子が多かったです。その中でも私は人より胸が大きく、気にし始めるきっかけになりました。サイズはEカップあり、また発育途中だったのでとても気になりました。友達とブラジャーの話になっても他の友達はCカップなどでしたが私だけEカップもあることをあまり言えませんでした。友人はでかくてもCカップだったのでなんで私はこんなにでかいのだろうと悩み必死に自分の胸を隠して生活していました。

まず、何が嫌だったかというと、当時流行っていたチュニックなどを着ると、胸から膨らみ必然的にお腹まで膨れ上がって見えるところが最大の悩みでした。胸あたりからどんどん膨張しているのがわかり鏡を見るとマタニティ服を着ているみたいで本当に嫌でした。また細身のジーンズにピッタリなTシャツスタイルも流行していましたが、胸が気になる私はTシャツが着れませんでした。高校生でおしゃれにも目覚め始めて、着たい服も着たかったですが胸ばかり気になり、どうしても胸が強調されない服ばかりを選んで着ていました。

それでも何もしないよりは、何かしようと思いつき、まずサラシを巻く事にしました。サラシを、まけば胸が平らになり少しはボリュームを隠せるのではないかと思いました。何回かやっていたものの、毎日巻くのも大変ですぐ挫折してしまいました。そのあとは、スポーツブラを付けました。高校生で下着も可愛いものを付けるのがステイタスなところもありましたが、もうそんな事は捨てて、スポーツブラを着用し胸のボリュームを隠し、あまり揺れないように意識しました。スポーツブラは揺れないように固定する目的なので、そこは効果がありました。

またトレーニングし、ダイエットする事も心がけました。ダイエットすると胸から落ちると聞き、さっそく試してみました。ダイエットを開始するとEカップからDカップに1カップダウンしました。ランニングしたりしたのですがその際に普通のブラジャーだと胸が揺れて痛いのですがスポーツブラは上記でも答えたように、固定する目的もあるのでトレーニングにも使えて一石二鳥でした。またトレーニングでも腕系のれトレーニングをすると、胸の辺りにも筋肉が付いてしまうのであまりオススメしません。上半身のトレーニングに力を入れすぎるのもオススメしません。普通に全体的に痩せると胸も必然的に痩せるのでその方が良いです。

当時はあれほど胸が大きいことがコンプレックスだったのですが、高校を卒業してから出来た彼氏が、巨乳好きで胸が大きいのが嫌だという話をしてから彼が巨乳好きだと知り、今まで友達は胸が大きくない子ばかりだったのでそういう子がモテると思っていましたが、巨乳好きな人もいるのだと知り少し自分に自信が持てました。また胸がないより、ある方がメリハリボディでトータル的なバランスが取れる事も気付きました。胸が小さい子に憧れを持っていましたが少し良いことも知り、今ではあんまり気にならなくなりました。下着などでも小さく見せれることは可能ですし、巨乳好きな男性も世の中にはたくさんいます。そこも個性だと思いその個性を武器として使っていくのも人生楽しく生きていくコツだと思います。

私もあれだけ高校生の時に悩んでいたのに今はあんまり気にしません。学生の時にこそ、見た目や容姿がとても気になり人と比較してしまいがちですよね。大人になるにつれそんな事も思わなくなります。悩んでいる人が少しでも楽になれますように。