中学二年でDカップ、マラソンや縄跳びが辛かった…変なあだ名をつけた中学時代の男子を見返した体験談。

おっぱいのお悩み体験談・貧乳、デカパイ、陥没乳首、乙女の悩みは尽きません。

中学二年でDカップ、マラソンや縄跳びが辛かった…変なあだ名をつけた中学時代の男子を見返した体験談。

私は中学生の頃、周りよりも大きい自身の胸に悩んでいました。悩み始めたのは、中学2年生のときでした。中学生ということもあり、体の発達はまだまだ未熟な友人が多く、胸が目立って大きさ友人はいませんでした。しかし、私は中学2年生の時点で、Dカップもありました。当然、思春期真っ只中の同級生の男子たちの間で、胸などの話題は頻繁に出ます。クラスの中で誰が胸が大きいか、胸の大きい順に順位を付けようなど、クラス内で男子たちは、遠慮もなく女子の胸の話をしていて、私は自分の胸を小さく見せるために、常に猫背になっていました。

特に嫌だったのは、「胸が大きいやつは、変態がおおい」と男子たちが噂をしていることでした。私が下ネタを言ったりしたわけではないのに、胸が大きいという理由だけで「エロぞう」というあだ名をつけられ、男子たちにからかわれました。体育の時間は地獄で、いつも制服で隠れている胸が、体操着を着ることにより、大きさが強調されてしまいます。そのうえ、マラソンや縄跳びなどを行うときには、胸が揺れるのを気にして、思う存分体育に取り組むことができませんでした。私の学校ではマラソン大会というものが年に一度開催され、男子と女子に別れて走ります。午前と午後で別れて走るため、私たち女子が走っているところを男子は応援しにみに来ました。そこで、クラスの男子たちが私の胸をみて噂しているのが耳に入りました。また、「エロぞう、頑張れ」とあだ名で応援されたことは、顔から火が出るほど恥ずかしい思いをしました。

当時わたしにも、気になる男子がいました。その男子にそのようなあだ名を知られるのもとても嫌で、「なんで自分だけ、こんなに胸が大きいのだろう」と、とても悩みました。このような悩みをずっと抱える中で、わたしは中学生の頭なりに、自分で改善方法を考えました。胸のことなど、友人はもちろんのこと、親にだって相談できず、一人で胸を小さくする方法を考えました。そこで、私が行き着いた考えは、自分の胸よりと小さいサイズのブラジャーを着用するというものです。ブラジャーを買うときにも、大きいサイズのブラジャーを買うことは恥ずかしく思っていたため、小さいサイズのブラジャーを買うことは、私にとってとても都合の良い考えでした。そのため、高校に入るまでは、本来Dカップのところ、Bカップのサイズのブラジャーを着用し続けました。しかし、サイズが小さいため、少し動くと胸が出てしまったり、アンダーの部分が締め付けられて痛かったりと、あまり良い影響は出ませんでした。それが、胸の形を悪くするなど、胸にとっては悪いことだと知ったのは、高校に入ってからでした。

今では、胸が大きいほうがタイプだという男子も多く、女子からも胸が大きいことを羨ましがられるため、大して気にしなくなりました。今では、胸の大きさよりも、綺麗な形をどのように保とうかと工夫をしています。なぜ、あんなにも胸の大きさにこだわっていたのだろうと今では思います。あの頃に間違ったブラジャーの着用方法をしていると、将来胸には良い影響はありません。今思うと、あの頃は自分の体の変化に気持ちが追いついていかなかったと思うし、周りの友人たちもきっと同じ気持ちで、成長が早かった私が物珍しかったのだろうと思います。今、中学の時の男子に会うと、「スタイルいいね」など体型について褒めてもらうことも多く、見返してやったような気持ちです。胸の大きさを、隠そうとしてしまうと姿勢も悪くなってしまうし、スタイルも悪くなってしまいます。中学生の時も、胸の大きさにこだわらず、スタイルが良く見えるように努力したり、背筋をもっと伸ばして堂々としていれば、あそこまでからかわれなかったのかなとも思えるようになりました。