中学1年でDカップ、男子にからかわれ女子には嫌がらせをされ、先生からは説教…友人に助けられ今は自信をもった体験談。

おっぱいのお悩み体験談・貧乳、デカパイ、陥没乳首、乙女の悩みは尽きません。

中学1年でDカップ、男子にからかわれ女子には嫌がらせをされ、先生からは説教…友人に助けられ今は自信をもった体験談。

小学生の頃から発育がよく、親の遺伝もあってまわりより少し胸が大きく、中学一年生でDカップだったのですが、そのせいで思春期の男子にからかわれ、同級生や一つ上の女子から妬みのような嫌がらせを受けました。例えば、「胸が大きいのは誰かに揉ませているからだ。変態だ」など根も葉もない事を言われたり、プールの授業等では女子にブラを取り上げられ、大声でカップ数を読み上げる、男子に教えて回る等をされて本当に辛かったです。また、サイズが大きくなると可愛いデザインの物が 少なくて、どうしてもセクシーな物かオバサンぽい物しかなく、思春期には下着選びにとても苦労しました。特に黒い下着が多く、私は肌が白っぽいので黒いのは本当に恥ずかしかったです。なるべく淡い色のを探すのですが、当時は本当に無くて、あっても高くて手が出せませんでした。

先生も見て見ぬふり所か、そんな色の下着を着けているのが悪い、もっと学生らしい色のを選びなさいとお説教をされていました。選びたくても色が無いと言いたくても言えませんでした。けれどそんな時、決まって相談に乗ってくれたり、かばってくれたりと助けてくれたのが私の友人で、その子の胸は大きすぎず小さすぎずちょうど良いサイズで、形も整っていたし、乳首の色も綺麗だったので、いつも羨ましいなと思っていました。本人もよく自慢してきました。私、乳首の色だけは誰にも負けない綺麗さがあると自信を持って言える!が口癖でした。

その子は私と一緒に下着を買いに行ったりして、からかわれてもいいようにわざとお揃いの下着を買ったり、小さく見せるために私が母親から借りてきたサラシを巻くのを手伝ってくれたり、バストアップならぬバストシェイプ運動まで探してきてくれたり、あえて胸を張って堂々と胸を見せてやればいいのではないか、体育の時に2人で見せびらかしてやろうか、等の面白いアイディアを提案してくれました。

そのおかげで、大きいなら大きいなりに楽しんでやろう私は、その友人と2人で実際にお揃いの下着を着てみたり、堂々と胸を張ってみたり、私服でも着たい服を着て、からかわれても「気になる?触る?」と聞いてみるくらいに開き直ってしまいました。実際、からかってた女子の何人かは本当に触ってみて感動していましたし、羨ましかっただけなんだと謝ってくれました。流石に男子は「馬鹿じゃねーの!?」と逃げて行きましたが、からかう度に私がケロッとしてるとだんだんとからかうのを辞めてくれるようになりました。

その後、高校生になってから彼氏が出来て今でも付き合っていますが、いつもシッカリしてる彼が疲れたときに「癒してー」と胸に擦り寄って甘えてくる姿が可愛くて仕方が無いです。やっぱり男の人は胸が好きなのかなと思いますが、これは胸が大きくなければ見られない男の人の一面なのかもしれないなとも思います。たまに女友達からも癒しグッズのように扱われたりもしますが、それもそれで何だか面白いので良しとしています。その際に彼と私の友達が私の胸の取り合いをして、これは誰のだ!自分のだ!いや、自分のだ!と言い合ってちる姿を見てるのが微笑ましくて、とても面白く思えます。

また、親戚から小さい子を預かった時にも大きい胸は大活躍で、どんなに泣いていても抱っこしているとすぐにスヤスヤと眠りについてくれるので親戚からは寝かしつけはお前に任せる!と言われるほどです。赤ちゃんから保育園児までならお母さんのおっぱいによる安心感と似たような物を感じるからではないかと思います。実際に看護師さんに話を聞いてみたりしても、胸の大きい人の方が寝かしつけが上手だったりするんだよと言われ、何だか嬉しくなりました。