スノーボード中に大転倒して、左肩の亀裂骨折。23歳女性派遣社員の話。

骨折の話

スノーボード中に大転倒して、左肩の亀裂骨折。23歳女性派遣社員の話。

私は23歳派遣社員の女性です。

去年の冬住み込みでスキー場近くのレストランで働いていました。毎日朝から夕方までスノーボードを楽しみ、夕方からは仕事をするという最高の生活を送らせていただいていました。2月のある日、前日に大雪が降り当日にはスキー場全部がパウダースノーという最高のコンデションでテンションが上がってしまい、初めからスピードを飛ばし、ツリーランを楽しんでいました。

2本目に行こうと思い友達に誘われ少しハードなツリーランコースへ。そこも最高のコースだったので飛んだり回ったりして遊んでいたら大きな雪の塊に引っかかりそのまま転倒。運悪く転倒した先に木が立っておりその木に左肩から突っ込んでしまいました。メキメキと嫌な音がしたのですが、その時は特に痛みもなく大丈夫だろうと思い、もう一度滑り始めたときに運悪く板に雪が積もっており、逆エッジを食らって転倒しました。その時に左肩を逆方向へひねってしまい強烈な痛みが襲ってきて立つこともできませんでした。

友達に助けを求めながらしばらく休み、一度コース下まで下り、パトロールを呼んでもらいそのまま病院へ。病院へ行くまではアドレナリンのおかげでそこまで痛みは感じず、脱臼程度だと思っていました。病院に着き、いきさつを話し見てもらい怪しいということなのでレントゲンを撮ってもらったところ亀裂骨折といわれました。

幸いギブス装着はなく通院、入院、手術もなく、毎日左肩のストレッチ(お風呂上り、朝、寝る前に骨が固まらないように肩を回す)と寝るとき以外シップをして半年間安静にしていれば完治するとのことでした。そんな簡単なリハビリ、治療だけで本当に治るのか心配でした。(町の小さな病院だったので本当にその医師が言ったことが正解なのかはわからないです)ただその時はパニック状態と仕事に早くいかなければいけないという焦り、きちんと確認できませんでした。そしてなにより、私としては大好きなスノーボードが出来ないというショックのほうが大きかったです。

その日はお仕事もお休みさせていただきました。もう一つ幸いだったのが、私は右利きだったので左手、腕を使うことがあまりありません。なので翌日から周りの人たちのに手伝ってもらいながら仕事出勤させていただきました。ただやはりスノーボードがやりたくて仕方がなかったので骨折してから4日後には滑りにいっていました。最初はゴンドラ、リフトに乗ってるだけでも痛かったです。痛み止めも出されていたので飲みながら滑っていました。夜は痛みで目が覚めることもしばしば。仕事中に重いものを持たなければいけない時にくる強烈な痛み、ギブス着用していなかったので骨折していると知らずに私の左肩に手を置いてくるお客さん、今思うとすごくつらかったです。

シーズンが終わり、実家に帰ってから行きつけの病院に行ったところ(その時には痛み止めを荷まなくても大丈夫なほどに復活していました。)最初の症状を見ていないから分からない、ただ今は安静にしてストレッチをしながら様子をみなさい。と最初の先生と同じことを言われました。骨折してから半年以上たっていますが、今もたまに関節がいたみます。ちゃんと安静にしなかった自分が悪いのですが後悔しています。大きなけがをしたらやりたいこと、やらなきゃいけないことを後回しにしてとりあえず大きい病院や、行きつけの病院に行くことをお勧めします。現在は接骨院の先生をやっている友達にカイロをすすめられ、かよっています。そこの先生にストレッチ方法などを教えていただいていて今も療養中です。カイロは保険がきかないので高いです。後になってお金がかかってしまうことになりました…