流行性嘔吐下痢症(感染性胃腸炎)について

流行性嘔吐下痢症(感染性胃腸炎)は気をつけてください。

感染性胃腸炎(流行性嘔吐下痢症)は、ウイルスなどが原因となって発症する胃腸炎のこと。
「感染性胃腸炎」は、これらウイルス性胃腸炎の総称です。私たちがよく耳にするウイルスは、ノロウイルス、ロタウイルス、アデノウイルス等。
ロタウイルス、アデノウイルスによる胃腸炎は、乳幼児によく見られます。

引用元 http://www.myclinic.ne.jp/imobile/contents/medicalinfo/gsk/top_topic/topic_65/mdcl_info.html

症状は、個人差があります。
ロタウィルスに感染したことがありますが、便が真っ白になりました。
下痢、血便となることもあるようです。

何回も繰り返しになりますが、手洗い・うがいが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です