インフルエンザ

インフルエンザとは?

意外に知っているようで、知らないこともあるかもしれません。

なので、少しまとめてみました。

Wikipediaでは、このように紹介されています。

インフルエンザ(ラテン語: influenza)はインフルエンザウイルスによって引き起こされる急性感染症。

略称としてインフル(英語: flu)がある。多くは上気道炎症状・呼吸器疾患を伴うことで流行性感冒(りゅうこうせいかんぼう)、詰めて流感(りゅうかん)と言われる。

季節性インフルエンザには、A型、B型、C型の3種類があり、全ての年齢層に対して感染し、世界中で繰り返し流行している。

日本などの温帯では、季節性インフルエンザは冬季に毎年のように流行する。

通常、11月下旬から12月上旬頃に最初の発生、12月下旬に小ピーク。学校が冬休みの間は小康状態で、翌年の1-3月頃にその数が増加しピークを迎えて4-5月には流行は収まるパターンであるが、冬季だけに流行する感染症では無く夏期にも流行する事がある。A型は平均相対湿度50%以下になると流行しやすくなると報告されている。

全世界では毎年300-500万人がインフルエンザに感染し、25-50万人の死者を出している。先進国における死者は65歳以上人口が最も多い。

また病欠・生産性低下といった社会的コストも大きい。

感染経路は咳やくしゃみなどによる飛沫感染が主と言われている。一般的には経口・経鼻で呼吸器系に感染する。飛沫核感染(空気感染)や接触感染など違った形式によるものもある。予防においては、有症状患者のマスク着用が有用であり、飛沫感染防止に特に効果的であるが、形状や機能性などによっては完全に防げない場合もある。マスクのみでは飛沫核感染や接触感染を防ぐことができないため、手洗い・うがいなどの対策も必要である。最も感染を予防できる方法はワクチンである。抗ウイルス薬も存在するが、ウイルスはすぐに耐性を獲得する。

Wikipediaでの定義

インフルエンザはこのように、流行性のものです。

流行をつかむためには、このようなサイトを活用されるのもいいと思います。

インフルエンザ流行レベルマップ

また、国立感染症研究所でもこのようなマップを紹介しています。

インフルエンザ流行レベルマップ 国立感染症研究所

このような情報をしっかりと掴んで、手洗い・うがいの対策をしっかりと済ませておきたいですね。

“インフルエンザ” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です